元ディーラーマンだからわかる!!車を買い換える時のポイント【超詳細5選】前編

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
超詳細point5選!!前編

こんにちは、オサムです。

今回は私の前職でもあり得意分野の1つ、
自動車の事について書きたいと思います。

車なんて時代遅れ?都心部では必要性の薄くなった自家用車ですが、
群馬県の一戸あたりの自動車平均所有率は約3台です。
まだまだ車は移動手段の一つですね。

そしてかっこいい車に乗りたい!!
気分転換にドライブに行きたい!!
家族で楽しく車中泊したい!!
など、車にはレジャーや趣味的な要素が強いのも確かです。

この手の情報は沢山有りますが、
元自動車販売ディーラー営業マンの経験から、
読者の皆さまにお得な詳細情報を伝えられればと思います!!

あなたに合ったコースをご用意『合宿免許受付センター』

元ディーラーマンだからわかる事

車を買い換える時のポイント!!

販売店を見きわめよう!!

カーディーラーの絵
良い販売店はトイレのお掃除が行き届いていますよ!!

【購入のお話】販売店選びが重要です!!

自動車は買っておしまいという商品ではありませんよね、
むしろ買ってからが始まりの商品なのです。
買うときから買った後の長い期間を
購入した販売店と付き合う事になります。
購入時にお互いに納得できないと後々面倒になるので、
面倒でもしっかり担当者と話し合いましょう。

車を持つならネットで割引、サポート充実、月額定額のカーリース

あなたの愛車は今いくら?UcarPACが1分でカンタン相場チェック

【購入のお話】特に販売担当者選びは重要です!!

なぜ大事なのでしょうか??それは

販売店や担当者によっては購入以降のカーライフが

「天国にも地獄にもなる」

場合があるからです。
少し考えればわかりますよね?

仕事熱心な担当者といい加減な担当者

どちらと付き合いたいでしょうか?
疑って掛かる必要は無いですが、良く見極めましょう!!

車の情報はメーカーのホームページやネットの書き込みで
いくらでもわかります。
簡単にわかる情報よりも難しいのは車を選ぶ前に人を選ぶことです。

営業マンは車が売りたいわけです、
ディーラーマン時代に私が良く聞いたのは、

「前の担当者は購入前は熱心だったけど、買った後は冷たかった」

という話です。皆さんも経験ないでしょうか?

販売営業マンの中には、「売るまでが仕事」と思っている人が少なくないという事です。

良い営業マンは、「売る前も売った後も仕事」という事を良く解っています。

この差は購入後に何かトラブルがあったときに歴然に現れます。

ではどうするのか?見きわめるポイントはあるのでしょうか?

落ち込む若者

【買ったけど全然面倒見てくれないんだよな・・・】

大丈夫、答えはあります!!

簡単ですよ!!

購入後はどういうアフターフォローをしてくれるのか聞くだけです。

皆さんが心配なのは、

【故障したときの対応】【事故したときの対応】【車検や保険の事】

と言ったところでではないでしょうか?

そのようなときにはどういう対応をしてくれるか、あらかじめ確認
しておきましょう!!

そんなこといっても、買うかどうかも解らないのに

「買った後のことを聞くのは気が引ける」
「そんな事聞いたら買うと思われてしつこくされるかもしれない」

と思う人もいると思います。でも思い出してください!!
車を購入する前提であれば、【一番大事なのは買った後のこと】です。

自分は買った後を重視している事を相手にしっかり伝えましょう。
車の情報や値段も確かに大事です。
しかし1番明確にしておくのはここです。

ポイント:【一番大事なことを聞く事が販売店選びの第一歩】



【購入のお話】価格交渉は無理しすぎない!!

怒るおじさん

【もっと値引きできるってネットで見たぞ!!】

さて、運良く良い担当者にめぐり合えましたか?
どの車を買うのかが決まったら、見積もりを取りますよね。

「高い物を買うのだから、高額な値引きは当たり前だ!!」
と思う気持ちもわかります。

ネットの情報で
「私はこの車種をウン十万値引きさせませた!!」
見たいな書き込みを見るのも確かです。

しかしこういった書き込みには、取引の詳細はのっていません

同じ車種を買う場合でも、【オプション取り付けの有無】や
【下取車の有無】そして【下取車種】によっても
値引きの幅は大きく変わってきます

オプションを100万円分付けた車と5万円分付けた車の利益の額
が違うのはもちろんわかりますよね!!

書き込みを鵜呑みにしすぎると、
せっかく良い担当者と出会えたのに、自らその
関係性を壊しかねません

まず最初にネットの値引き情報は平均的な物を見ましょう!!
そして【過度な値引きの期待は捨てる】が正解です。

じゃあ値引きはどうなるの?にお答えします。



はっとするおじさん

【何てことしてしまったんだ!!】

大丈夫、答えはあります!!

簡単ですよ!!

今日契約するなら後いくら値引けますか?

若しくはその日に買わない場合は

今月中に買う場合は後いくら値引きが出来ますか?
と聞いてみましょう。


ここまで話を進めるには、
担当者との信頼関係もある程度できていると思います。
値段によっては買ってもいいなと思っている段階です。

値引きの権限は営業マンと店長クラスで多少の差があるはずです。
おおよその営業マンは上司に相談に行くと思います。
最終的な値引きの金額を上司に確認にいくのです。

ここで押さえておきたいポイントは、

【販売店は車1台の仕入れにおいて1割も利益が無い場合が多い】

と言う事です。

ベンチで語らうおじさんとOL
【ケメ子】オサムさんずいぶんムチャ振りしたらしいですね!!
【オサム】ちょっと舞い上がってしましましてね・・・

一括査定サイトで大変な思いをした方に!1回の査定で最大5,000社があなたの車に金額提示!


ディーラーはメーカーから車を買って販売しています。
昔は1台あたり2割程度の利益がありましたが、

同メーカーの販売店ごとの価格の下等競争(値引き合戦)
を止めさせるために卸値を上げています。

これは裏情報かもしれませんが、

販売台数に応じた報奨金制度を取っているメーカーが多いと思います。
いくらで販売したかということは、メーカーでも押えていますので、
過剰な値引きをする販売店は、
ディーラーライセンスを剥奪される可能性も有ります。

と言った事から無理な値引きを言うのは時によって「嫌な客」
になってしまう場合が多いので気をつけましょう!!

ましてや暇つぶしに車を見に行って
値引きの事を聞いたりしてはいけませんよ!!

見に行くのはもちろんOKですし、
見てもらうのも販売店の仕事です。

沢山みていただいで車の説明を聞かれるのも
展示車に乗ってみるのも良いでしょう!!
カタログだけ貰いに行くのも全然OKです!!

しかし買う気もないのに値段の話をするのは

確実なマナー違反です。

横になって悪態つく青年
【若き日のオサム】にいちゃんこれなんぼまかるんや?
             買う気はあらへんけどなー



車が気に入ったし、担当者も良い場合でも、
見積もりを見てみたら予算オーバーだったと言う事もありますよね。。。

特にローンで購入する場合は金利を含めると月々の支払額は変わってきます。
その場合には一生懸命相手をしてくれた担当者にその旨を伝えましょう。
そうすれば購入しなくてもお互いに気持ちよく話をまとめる事ができると思います。

下取車がある場合にはネットなどでおおよその下取価格を押えておけば
値段交渉もスムーズに進むと思います。

今時がめつい営業マンなんてあまりいません。
むしろ商品の良さや競合他社との比較も勉強して、
親身に相談に乗ってくれる方のほうが多いと思います。

メリットデメリットもしっかり把握しているはずです。
価格交渉までにいたるのであれば、
担当者を信じてあげて欲しいです!!


ポイント:【信頼できない営業マンとは価格交渉しない
よそのお店でやりなおしましょう!!

中古車店の場合は営業スタイルや保証の体形などまちまちですので
当てはまらない事も多いですが、
お店の清掃状況や在庫車の清掃状況、
置いてある車の雰囲気等を良く見ることをお勧めします。
車両は安いけど、訳の解らない諸費用が高いとか不に落ちないですよね?
これは中古車店のみの話ではないですが、
【中古車店に限っては、汚くても美味しいお店は無い】
でいいと思います。
担当者とお話をしてみればだいたいの行く末は見えると思います。
誠実な中古車店を探しましょう!!
中には頑張ってらっしゃる方もいると思いますので参考程度で。



中まとめ的な

販売店選びの重要性伝わりましたか!!

私はドイツ産のハイブランド車のディーラーに勤務しておりました。
売り方ももちろんの事、接客の基礎からメンタリズム、
アフターフォローの仕方まで徹底的に教え込まれました。

今回の記事で車業界の内側と外側を少し垣間見る事が
できたのではないかと思います。

皆さまの参考になれば幸いです。

買うのも人間なら売るのも人間

【第一章の途中のような気がする・・・】

【最後までお読みいただきありがとうございました!!】
  少しでもお役にたてたり、面白いと思ったらイイね!お願いします!!
                   おさむ



過去のお勧め記事:週末のドライブにピッタリ!!星空が綺麗な絶景スポット紹介します!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする