安くて便利 室内TVアンテナのメリットとデメリットを解説

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
安くて便利 室内TVアンテナのメリットとデメリットを解説

こんにちは、オサム@036chan1です。

このところ、我が家近辺では、強風の日が続きました


そして、突然テレビが映らなくなったのです。

風がやんでから1時間位するとまた元に戻るんですが、

強い風が吹くと決まって映らなくなりました。

原因は室外アンテナの不調のようでした。



修理を頼もうと思いましたが、

風がおさまると普通に映るので、

どうしようか迷っているところに、

室内アンテナという選択肢があることを知りました。



調べてみると、屋外アンテナ工事が出来ない場所や、

設置の難しい場所には、屋内アンテナが便利との事。

安価で手軽で便利の3拍子揃った室内TVアンテナを、

分析していきたいと思います。

室内TVアンテナのメリット

室内TVアンテナのメリット

室内TVアンテナとは

テレビを見るためにはアンテナが必要です。

テレビアンテナと聞くと、想像しやすいのは

屋根の上に設置されているアンテナだと思います。


そのような一般的なアンテナとは違って、

室内に設置するタイプのアンテナを、

室内アンテナといいます。


室内アンテナは、

インターネットのルーターのような箱型の物や、

団扇(うちわ)のような、薄型な物などがあります。

室内テレビアンテナのメリット①設置が簡単

室内テレビアンテナのメリット①設置が簡単

屋外アンテナは、専門の業者さんが、

アンテナを取り付ける家の立地のより、

電波受信の機材をもとに、

高さを変えたり、角度を変えたり、

TVアンテナの配線を屋内に引き込んだりと、

素人では全く手の出せない領域だと思います。


それに比べて室内アンテナは、

箱から出して、テレビの裏に線をつなぎ、

ブースター(受信した電波をより大きくする機械)

付きの室内アンテナに関しては、電源を取った後に、

受信電波の状態が良い所に置くだけ(貼るだけ)です。


説明書を読めば(図だけ見ても)、設置は容易です。

室内テレビアンテナのメリット②価格が安い

室内テレビアンテナのメリット②価格が安い

日本製外国製や,
BOX型と平面型などの、
仕様の違いもありますが、
屋外アンテナの相場に比べると、

3分の1程度の価格の2000円くらいから購入できる物があります。

最近では定番になりつつある、
「4K放送」対応している物も、
同じ価格帯の2000円前後から販売されています。

 
VHFとUHFの分配器付きの物もありました。
高性能屋外アンテナの場合、
35000円からの価格帯になりますので、
設置料金なども含めますと、
かなりの価格差があることになります。

室内テレビアンテナのメリット③メンテナンスが楽

室内テレビアンテナのメリット③メンテナンスが楽

屋外アンテナは、
強い日差しや強い風、
雨や雪などの天候による劣化と、

角度が変わってしまって、
映像が映らない時の調整が必要となります。

その場合は、
自分で屋根や壁に上ってのメンテナンスは、
素人には難しいです。

その点、
屋内アンテナは環境変化の影響を受けにくく、
アンテナとしての寿命も長い上に、
角度の調節やメンテナンスも室内でおこなえるので、
安易であるとされています。

室内テレビアンテナのメリット④建物の景観を壊さない

夕暮れにアンテナのある風景

屋根の上のアンテナは、筆者オサム世代の人間には、ノスタルジーさえも感じますが、現代のオシャレな住宅には、少し不釣合いに見えます。北欧風の輸入住宅や、アメリカンガレージなんかにもちょっと似合いませんよね・・・
アメリカのアニメなんかで、テレビの上にアンテナが置いてあるシーンなども見たことがあるように、屋内アンテナが主流だったようです。今は一般的なご家庭の60%くらいがケーブルテレビ・インターネット・電話がセットを利用されているようですね。屋外のアンテナはあまり使用されていないようです。

室内TVアンテナのデメリット

室内TVアンテナのデメリット

室内TVアンテナのデメリット ①電波が弱い

部屋の中にあるアンテナは、屋根上にあるアンテナに比べて、建物や障害物が電波をさえぎってしまい、受信電波が弱い場合があります。他にも、設置した時は映っていたけど、近隣の建物の増加などにより、映らなくなる可能性もあるということです。

室内TVアンテナのデメリット ②映る確定要素が無い

室内TVアンテナのデメリット ②映る確定要素が無い

室内アンテナ商品の説明を良く見ると、
必ずテレビが映るという保証が無い事をうたっています。

そして、故障していないのに、
映らないという理由での返品に応じていない商品がほとんどです。

ですから商品購入を考えた場合には、
室内アンテナを設置する場所で、
問題なくテレビ視聴できるかを、
確認する必要があるということです。


お手持ちのスマートフォンにテレビがついていれば、
確認のひとつの目安となるでしょう。
首都圏ではおおよそ受信可能ということも聞きます。
自分の住んでるエリアの電波状況を確認するサイトも有ります。

「A-PAB」一般社団法人放送サービス
高度化推進委員会 放送エリアの目安

室内TVアンテナのメリットとデメリットのまとめ

室内TVアンテナのメリットとデメリットのまとめ

室内アンテナには、
弱い電波でも受信できる物や、
通常の電波用のものなど、
色々種類があるようです。

ご自身の住んでいる地域では、
どのくらいの電波の強さなのかを
よく調べて購入する必要がありそうですね。

ちなみに筆者オサム家は、
埼玉の田舎のほうですが、
中電界地域でした。

海外製品のウチワ型のアンテナで、
問題なく映っております。

電波状況の問題ない地域であれば、
室内アンテナは、かなりのコスト低下が見込めますので、
新生活の1人暮らしや、屋外アンテナ破損時の代替案としても
選択肢の一つになると思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする